民泊・旅館事業認可に関わる行政書士ネットワークについて

トレーラーハウスを使用した宿泊施設の問い合わせが増えてきております。

宿泊事業の場合、

  • 各自治体建築行政において建築物には該当しない「車両を利用した工作物」として判断されること。
  • 管轄する消防署と相談し、宿泊事業に基づく防火対象物の基準を遵守すること。
  • 消防署による安全基準の検査合格後、保健所の許可を頂くこと。

上記三条件が必要になります。

協会では各自治体の建築行政、消防、保健所を通して、安全な宿泊施設をトレーラーハウスで提供していきます。

トレーラーハウスを利用した民泊・旅館事業認可に関わる行政書士ネットワーク
見晴らし坂行政書士事務所 東京 03-6433-1201

協会は、このネットワークを通じて、運送事業者の安全運行に必要なシステムを現行法を遵守しながら作り上げていき、社会に貢献して参ります。