トピックス

特殊車両の誘導についての制度改正

国土交通省道路局により大型トレーラーハウス等の特殊車両の誘導(先導・後方警戒)に
ついての制度改正が行われます。

(国土交通省HP: https://www.mlit.go.jp/road/tokusya/haitijoken/ )

今般の制度改正により、3月29日以降、特殊車両の誘導にあたっては、国土交通省が定め
る所定の講習を受講した有資格者が誘導車両を運転する必要があります。
保安基準の大きさの制限を超える大型トレーラーハウスは、基準緩和認定並びに特殊車両
通行許可を受ける必要があり、細心の注意を払って安全に運搬しなければなりません。
協会では国交省の制度改正を加盟各社へ周知するとともに、安全運行を啓蒙してまいりま
す。

ユーザーの皆様におかれましても大型トレーラーハウスを購入される場合は、販売業者が
基準緩和認定並びに特殊車両通行許可を取得して運搬するか、誘導車は誘導の有資格者が
運転するか等を販売業者へご確認くださいますようお願いいたします。

特車誘導講習修了書

トレーラーハウスとは




日本トレーラーハウス協会の意義

トレーラーハウスを産業にしていくために、全ての法律を遵守しながら建築物として対応できない部分を補い、皆様の便利、安心、安全に貢献していくことを目的に活動している団体です。


トレーラーハウスとは
 (1)法的な自動車であること。
 (2)法的な自動車であることから、期間限定の使用に限ります。
 (3) ライフラインとの接続が工具を使用しない着脱方式であること。
 (4)随時かつ任意に移動できるよう、設置場所から公道に至る通路が確保されていること。


トレーラー(自動車)ハウス(建物)を利用する際は、道路運送車両法と建築基準法に沿って運搬、設置しなければなりません。
設置場所が決まりましたら、まずは設置場所を所管する建築行政、もしくは日本トレーラーハウス協会にご相談下さい。

無断で設置した場合、違法建築物の対象になる場合がございます。
トレーラーハウスの文化をなくさないためにも、法律を守りましょう。